【フランクフルトモーターショー13】ガヤルド “有終の美”、最終仕様 スクアドラ コルセ初公開

自動車 ニューモデル 新型車

ランボルギーニ ガヤルド LP 570-4 スクアドラ コルセ
  • ランボルギーニ ガヤルド LP 570-4 スクアドラ コルセ
  • ランボルギーニ ガヤルド LP 570-4 スクアドラ コルセ
  • ランボルギーニ ガヤルド LP 570-4 スクアドラ コルセ
  • ランボルギーニ ガヤルド LP 570-4 スクアドラ コルセ
  • ランボルギーニ ガヤルド LP 570-4 スクアドラ コルセ
イタリアのスーパーカーメーカー、ランボルギーニは9月9日夜(日本時間9月10日未明)、ドイツで開催されたフランクフルトモーターショー13のプレビューイベント、「フォルクスワーゲングループナイト」において、『ガヤルドLP 570-4 スクアドラ コルセ』を初公開した。

同車は、『ガヤルドLP 560-4』がベース。『ガヤルド』シリーズは、間もなく生産を終えると発表されている。ガヤルドLP 570-4 スクアドラ コルセは、ガヤルドの10年の歴史の最後を飾るに相応しい、究極のファイナルバージョン。

ランボルギーニは、ガヤルドのワンメイクレース、「ランボルギーニ・ブランパン・スーパートロフェオ」を開催中。このワンメークレースマシン、『ガヤルド スーパートロフェオ』を、公道走行バージョンに仕立てたのが、ガヤルドLP 570-4 スクアドラ コルセとなる。

ミッドシップに搭載される5.2リットルV型10気筒ガソリンエンジンは、ワンメークレースマシンと共通。最大出力は570ps/8000rpmを引き出す。トランスミッションは、パドルシフト付きの6速「e-ギア」。

軽量化を推進したのも、ガヤルドLP 570-4 スクアドラ コルセの特徴。カーボンファイバーやアルミを拡大採用することで、乾燥重量1340kgを実現。これはガヤルドLP 560-4に対して、70kgの軽量化。

動力性能は0‐100km/h加速3.4秒、最高速320km/hと世界トップクラス。カーボンセラミックブレーキが標準。大型リアウィングやフロントフードは、カーボンファイバー製とした。

ガヤルドLP 570-4 スクアドラ コルセは、限定生産車。欧州でのベース価格は、19万1100ユーロ(約2520万円)と公表されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集