JR東日本、9月7・8日に左沢線でSL運転…E3系との同時発車も

鉄道 エンタメ・イベント

9月7・8日に左沢線で「SL『山形日和。』号」として運転されるC11形蒸気機関車の325号機。真岡鐵道から借り入れる。
  • 9月7・8日に左沢線で「SL『山形日和。』号」として運転されるC11形蒸気機関車の325号機。真岡鐵道から借り入れる。
  • 山形新幹線直通用のE3系。9月8日の「SL『山形日和。』号」山形駅出発式では、E3系団体臨時列車との同時発車が予定されている。
JR東日本仙台支社は、C11形蒸気機関車を使用したSL列車「SL『山形日和。』号」を9月7・8日に山形県の左沢線で運行する。8日の出発式では新幹線E3系による団体臨時列車との同時発車も予定されている。

SL列車の運転は、来年開催される「山形デスティネーションキャンペーン(山形DC)」のプレキャンペーン「『山形日和。』観光キャンペーン」記念行事の一環。真岡鐵道から借り入れたC11形(C11 325)が旧型客車3両をけん引する。両日ともに山形10時45分発~左沢12時12分着、左沢14時55分発~山形16時着のダイヤで1往復運転される。

8日に山形駅5番線ホームで開かれる出発式では、くす玉開花や駅長らによる出発合図の後、隣の4番線から発車する新幹線E3系を使用した団体臨時列車「食べっしゃ つや姫号」との同時発車が予定されている。
《小佐野カゲトシ@RailPlanet》

編集部おすすめのニュース

特集