【ホンダ フィット 新型発表】伊東社長「世界で戦うホンダの最重要機種」

自動車 ニューモデル 新型車

ホンダ フィット新型発表のようす
  • ホンダ フィット新型発表のようす
  • ホンダ フィット新型発表のようす
  • ホンダ フィット新型発表のようす
  • ホンダ フィット新型発表のようす
  • ホンダ フィット新型発表のようす
  • ホンダ フィット新型発表のようす
  • ホンダ フィット新型発表のようす
ホンダは9月5日、3代目となる新型『フィット』を発表した。ホンダの伊東孝紳社長は、フィットの位置づけについて「最重要機種」と明言した。

ハイブリッドモデルはカタログ燃費で36.4km/リットルを達成した。伊東社長は「燃費は必ず一番を出したいなかで、出す事が出来た数字」と話した。

「世界で戦う中心モデルとして、かつてのシビックのような位置づけでフィットを展開していく。新規顧客も望める」とし「グローバルの事業計画においても期待を持っているモデル」と述べた。

「フィットの開発現場に出て叱咤した。完成した新型フィットが限界かというとそうでもない。軽量化をはじめとしてまだまだ先があると思っている。ホンダの先進的なイメージの強化に繋げたい」とした。

《土屋篤司》

編集部おすすめのニュース

特集