【INDYCAR 第16戦】スコット・ディクソン「ここは楽しいコースだ」[動画]

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

スコット・ディクソン(動画キャプチャ)
  • スコット・ディクソン(動画キャプチャ)
  • スコット・ディクソン(動画キャプチャ)
  • スコット・ディクソン(動画キャプチャ)
  • スコット・ディクソン(動画キャプチャ)
  • エリオ・カストロネベス(動画キャプチャ)
  • ライアン・ハンター=レイ(動画キャプチャ)
インディカーは8月31日、この日ボルチモア市街地コースで行われた予選の後、ドライバー達のコースとレースに関するコメントを収録したビデオを公表した。

◆スコット・ディクソン

「こんな風に(予選が)経過して素晴らしかった。Q2ではセンサーの故障という問題を抱えたが、何とか乗り切ることができた。修理された後のQ3では車はよく走り、最も必要な時にポールを獲得できたのは素晴らしかった。ここは楽しいコースだ。昨年からシケインが少し変更されて、そこでスピードが得られるようにした。前方からスタートすることは大きな助けとなるだろうし、明日のレースでは良い作戦を立てて、いくつかのポイントを得たいと思う」

◆エリオ・カストロネベス

「不運な事に(Q3に)進むことはできなかった。ファースト・シックスに入ることを目指していて、プラクティスから大きな車の変更をしたが駄目だった。それがルールなので、コントロールすることはできないし、今は何もできない。(レースでは)何とか前に出て、競争相手からポイントを奪い去りたいと思う。このコースで後方から追い上げたドライバーもいるので、明日の長いレースではトラブルを避けて前に進みたいと思うね」

◆ライアン・ハンター=レイ

「タフだったね。早い時期にラップを確保しないと、トラフィックに巻き込まれて上手く行かない。昨年の状況と一緒だね。グラハム(レイホール)がウォールに激突して、僕達は良いラップタイムを記録することができなかった。ストリートコースでのレースの一部だから仕方がない。昨年は13位からのスタートで、今年は8位なので、今はポジティブな面に目を向けようと思う」

《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

特集