トヨタ 86 のオープン版、開発計画を中止か

モータースポーツ/エンタメ 出版物
トヨタ FT-86オープンコンセプト(ジュネーブモーターショー13)
  • トヨタ FT-86オープンコンセプト(ジュネーブモーターショー13)
  • トヨタ FT-86 オープンコンセプト
  • トヨタ FT-86 オープンコンセプト
  • トヨタ FT-86 オープンコンセプト
  • トヨタ FT-86 オープンコンセプト
  • トヨタ FT-86 オープンコンセプト
  • トヨタ86のオープン版の開発計画中止の可能性を伝えた『オートモーティブニュース』
  • トヨタ FT-86オープンコンセプト(ジュネーブモーターショー13)
トヨタ自動車が2013年3月、ジュネーブモーターショー13で初公開した『FT-86オープンコンセプト』。この『86』のオープン版の開発計画が、中止されたとの情報が舞い込んできた。

これは7月29日、米国の有力自動車メディア、『オートモーティブニュース』に掲載されたもの。同メディアが独自ソースから得た情報として、近い将来のトヨタの新型車計画を伝えている。

この中で、同メディアは、「サイオン『FR-S』(日本名:トヨタ『86』)のコンバーチブルは、市販化に向けた検討が重ねられてきた。しかし、トヨタは市販化を断念したようだ」と報じたのだ。

ジュネーブモーターショー13で初公開されたFT-86オープンコンセプトは、86のオープンモデルを示唆したコンセプトカー。外観はクーペボディの86を基本としながら、オープン化に伴い、フロントのウインドシールドを専用設計。電動ソフトトップを採用する。また、リアシートを残し、4シーターオープンとしたのも特徴。

このFT-86オープンコンセプトの開発計画が、中止されたとすれば、その理由は何なのか。同メディアは、「販売台数が限られるため、開発コストに見合わないことが理由」とレポートしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集