【フィット プロトタイプ】デュアルクラッチ変速機+ハイブリッドでも価格は現行モデル並みか

自動車 ニューモデル 新型車

ホンダ フィットHV・RS(プロトタイプ)
  • ホンダ フィットHV・RS(プロトタイプ)
  • ホンダ フィットHV(プロトタイプ)
  • ホンダ フィット(プロトタイプ)
  • ホンダ フィットHV(プロトタイプ)
  • ホンダ フィットHV(プロトタイプ)
  • ホンダ フィットHV(プロトタイプ)
  • ホンダ フィットHV(プロトタイプ)
  • ホンダ フィットHV(プロトタイプ)
ホンダが9月に投入する3代目『フィット』。フラッグシップはJC08モード走行の燃費が36.4km/リットルと、目下量産車トップのエコ性能となる見通しのハイブリッドモデルだろう。

現行モデルから一気に10km/リットルもの燃費向上を果たすべく、新ハイブリッド変速機「i-DCD」、リチウムイオン電池パック、減速エネルギー回生の量を増やすための「電動サーボブレーキ」、新開発の1.5リットルミラーサイクルエンジンなど、新世代技術をこれでもかと投入している。少なからず価格も上昇するのは避けられないかと思いきや、「車両価格は旧型並みを予定している」(本田技術研究所関係者)という。

そこで新パワートレインのカットモデルをよく見てみると、新機軸が詰め込まれる一方で、コストをかなり意識した設計であることに気付かされる。たとえば現行『CR-Z』比で約5割増しとなる最高出力22kWの薄型電気モーターは、6月に30km/リットルという燃費性能を引っさげて登場した上位車種『アコードハイブリッド』と異なり、現行IMAと同じく角型銅線を使った低コストの集中巻き方式。またホンダ初のデュアルクラッチ変速機も、同クラスのCVTより若干ながら軽く作られているという。こちらも他のコンパクト系モデルに展開され、量産が進めばより安価に作ることが可能となるだろう。

現行フィットハイブリッドのスターティングプライスは159万円。多少値上がりがあったとしても、次期フィットハイブリッドの価格は160万円台前半か。

ホンダの新世代ハイブリッド戦略モデル第1弾のアコードは、同クラスの『カムリハイブリッド』に対して燃費が約3割向上と、トヨタと真正面から性能勝負を仕掛けるモデルだった。それに対して次期フィットハイブリッドは、トヨタのハイブリッドコンパクトカー『アクア』とほぼ同等の燃費でありながら価格は安いというコストパフォーマンスの高さが売りだ。果たして発売価格はいくらくらいなのか。9月のデビューが楽しみだ。
《井元康一郎》

編集部おすすめのニュース

特集