【三菱 eK 新型発売】発売開始約1か月で1万8000台を受注

自動車 ニューモデル 新型車
三菱・eKワゴン
  • 三菱・eKワゴン
  • 三菱 eKカスタム T
三菱自動車は、新型『eKワゴン』『eKカスタム』の累計受注台数が、発売開始約1か月で1万8000台(7月7日時点)に達したことを発表した。

eKシリーズは、日産自動車と共同開発した軽ワゴン車。日産からリリースされた『デイズ』シリーズも発売約1か月で受注台数が3万台に達するなど、好調な滑り出しを見せている。

受注構成は、eKワゴンとeKカスタムが50%ずつとなっており、男女比率は約6:4と女性比率が高くなっている。

両車とも、従来の軽にない内外装の上質感と良好な乗り心地が支持を集めており、女性比率が半数を占めるeKワゴンでは、99%UVカットガラスを標準装備し、クラストップの低燃費を実現したグレード「M」「G」の構成比が約94%を占めている。また、ボディカラーは有彩色比率が約半数となっている。

一方、男性比率が高いeKカスタムでは、リッターカーと遜色ない動力性能を実現したターボエンジンを搭載するグレード「T」の構成比が約46%となっている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集