早くもパディ・ロウがイギリスGPで初現場

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

昨年末にマクラーレンのテクニカルディレクター職からメルセデスAMGへの電撃移籍を決意したパディ・ロウ。今年はマクラーレンでF1以外の職務をこなしレースの現場には顔を見せていなかったが、両チーム間の交渉がまとまりイギリスGPからメルセデスAMGのレースクルーとして合流することが決まった。

メルセデスAMGチーム代表のロス・ブラウンは、6月以来、ロウの現場勤務が早まるという見通しを述べていた。

「2014年マシンの開発が立て込んでいて、パディ・ロウが早くメルセデスの仕事に合流してくれれば大助かりだ。信じてもらえないかも知れないが、われわれとしては2015年型マシンの開発でリソースがパンク寸前なんだよ」

余談ではあるが、タイヤテスト事件にまつわる責任をとってロス・ブラウンがチーム代表辞任を決意すれば、後任にはパディ・ロウが就任するという噂がもっぱらだ。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集