【ホンダ アコード 新型発表】室内空間の広がりを追求するため試行錯誤

自動車 ニューモデル 新型車

ホンダ・アコード
  • ホンダ・アコード
  • ホンダ・アコード
  • ホンダ・アコード
  • ホンダ・アコード
  • ホンダ・アコード
  • ホンダ アコード ハイブリッド
ホンダ新型『アコード』の室内は、広さ感を重要視してデザインされ、初期段階では様々な試みがなされた。

本田技術研究所四輪R&Dセンターデザイン室1スタジオ研究員の重原裕樹さんは、室内の広さの究極は、コンソールがないことだと思うという。「実際に(アコードの)デザイン初期のトライではセンターコンソールのないものもデザインしましたが、コンセプトのひとつである上質さ、セダンに求められる立派さが表現しきれませんでした」と振り返る。

結果的にはコンソールはインパネとつなげるに至った。ただし、「(ナビなどを操作する)プログレッシブコマンダーが付いている周辺の出っ張り量や、コンソールの高さなどをうまくコントロールして、なるべく(乗員の視線に対して)ノイズや圧迫感にならないように気を付けました」とする。

重原さんは、「セダンは、シートがセパレートするということは重要で、それぞれ違う空間になることがセダンに求められるゆとりになり、なかなか数値では示せない部分だと感じました。ミニバンとは一番違う部分です」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集