JR東日本、秋田DCでSL列車「秋田こまち」運転…10月12~14日

鉄道 企業動向

「SL秋田こまち号」はC61 20がけん引する。写真は信越本線高崎~横川間の臨時快速「SLレトロ碓氷」をけん引したときのC61 20。
  • 「SL秋田こまち号」はC61 20がけん引する。写真は信越本線高崎~横川間の臨時快速「SLレトロ碓氷」をけん引したときのC61 20。
  • 客車は旧型客車6両を使用する。写真はスハフ32 2357。
JR東日本秋田支社は6月20日、大型観光キャンペーン「秋田デスティネーションキャンペーン(秋田DC)」の期間中に運行するSL列車の愛称名と運行時刻を発表した。SL列車の運転は4月に発表していたが、愛称名などはこれまで未発表だった。

発表によると、愛称は「SL秋田こまち号」。10月12~14日の3日間、奥羽本線秋田~横手間を1日1往復する。往路は秋田発8時44分~横手着11時14分、復路は横手発13時45分~秋田着16時15分。蒸気機関車はC61形20号機で、旧型客車6両(定員464人)をけん引する。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集