ボッシュがGSユアサ、三菱商事とJVでリチウムイオン電池開発に着手

自動車 ビジネス 企業動向

社長のヘルベルト・ヘミング氏
  • 社長のヘルベルト・ヘミング氏
  • ボッシュの横浜R&Dセンター
日本のボッシュ・グループは2013年6月20日、神奈川県横浜市の同社研究施設で年次記者会見を開いた。

この場で社長のヘルベルト・ヘミング氏は、GSユアサおよび三菱商事と共同で、次世代の高性能リチウムイオン電池の開発に取り組むことに合意し、2014年には3社の戦略的協業が開始予定である、と発表した。

出資比率はボッシュが50%、GSユアサと三菱商事がそれぞれ25%ずつで、取締役会、監査委員会の構成も出資比率に応じて行われ、本社はドイツのシュツットガルトに置かれる。

ボッシュは生産プロセス、および品質管理のノウハウを提供。バッテリーパックおよび、バッテリー管理システムのスキルを持っているので、ボッシュはセルのモニタリングとコントロールに特化しシステムの統合にあたる。

リチウムイオン電池は、未来のモビリティであるプラグイン・ハイブリッドや電気自動車の基幹コンポーネントであり、ボッシュが目指すのは、高度な電池制御技術と先進的な電気化学・素材技術を駆使し、電池のエネルギー蓄積容量を大幅に引き上げることにある。また、それにより電池の重量と占有スペースを減らし、電気自動車の走行距離を延ばすことを目指している。

この3社でのジョイントベンチャーは研究開発を目的としたもので、当面は製造は行わないという。
《諸星陽一》

編集部おすすめのニュース

特集