ポルシェのルマンレーサー、初公開…2014年復帰に向けてシェイクダウン完了

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

初テスト中のポルシェのルマンLMP1マシン
  • 初テスト中のポルシェのルマンLMP1マシン
  • 初テスト中のポルシェのルマンLMP1マシン
  • 初テスト中のポルシェのルマンLMP1マシン
2014年、ルマン24時間耐久レースの最高峰クラスに復帰するポルシェ。そのマシンが、ドイツで初めて公開された。

これは6月12日、ポルシェが明らかにしたもの。2014年から、ポルシェはルマン24時間レースの最高峰、「LMP1」クラスへワークス体制で参戦するが、そのマシンが最初のテストを無事終えたと公表している。

ポルシェは1998年、LMP1クラスの『911GT1』でルマン24時間に優勝。以降、LMP1にはワークス参戦しておらず、それより下のGTクラスに、量産車の『911』ベースのマシンを投入してきた。

なお、ポルシェの新LMP1マシンの詳細は、現時点では公表されていない。今回、ポルシェの本拠地、バイザッハでの初テストを終えたマシンは、車体にカモフラージュが施されている段階。

なお初テストは、ポルシェのワークスドライバー、ティモ・ベルンハルト選手が担当。同選手は、「すでに上々の仕上がり。今後のテストが楽しみ」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集