【東京おもちゃショー13】トヨタ、子供も運転できるクルマ出展…親子で楽しむコンセプトカー

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

東京おもちゃショーに、トヨタは子供が運転できるクルマ「Camatte57s」を出展(写真:スポーツタイプへの着せ替え例)
  • 東京おもちゃショーに、トヨタは子供が運転できるクルマ「Camatte57s」を出展(写真:スポーツタイプへの着せ替え例)
  • Camatte57s
トヨタ自動車は、東京ビッグサイトで開催される「東京おもちゃショー2013」(会期:6月13日~16日)に、親子でもっと身近に楽しむクルマ「Camatte57s(カマッテ ゴジュウナナ エス)」を出展する。

今回、トヨタが出展する「Camatte57s」は、カスタマイズの「手軽さ」と「自由度」を高めることを追及したコンセプトカーで、子供でも運転できるようペダルとシートの位置を子供用に調整する機能を装備。親は右後席からハンドル操作や車両停止を補助しながら、子供に運転を教えることが可能。

ボディは、外板を小型で軽量な57枚の「着せ替えパネル」で構成し、ボディのカラーやデザインを、より容易にカスタマイズすることが可能。パネル交換時の負担も少ないという。

また、室内が見えやすくクルマに触れやすいオープンカースタイルを採用、室内は「前席1、後席2」の三角配列シートで、親子が近づいて座れるように各シートの間隔を狭めて密着感を高め、コミュニケーションをとりやすい空間とした。

トヨタでは、クルマを走らせ、カスタマイズし、語り合う楽しさを親子が一緒に体験することにより、クルマが持つ「夢・楽しさ」をより幅広い層に伝えることを目指すとしている。
《》

編集部おすすめのニュース

特集