【新聞ウォッチ】LCC乱気流!? ANAがエアアジアとの提携解消へ

モータースポーツ/エンタメ 出版物

エアアジア
  • エアアジア
  • エアアジアのA320型機
  • エアアジア・ジャパン
気になるニュース・気になる内幕---今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析するマスコミパトロール。

2013年6月11日付

●参院選投票先、自民44%,維新後退5%、本社世論調査、民主横ばい7%、本社世論調査(読売・1面)

●au障害、経営に影響懸念、KDDI(読売・9面)

●東証反転636円高、市場から催促、首相が投資減税表明(朝日・1面)

●ANA,LCC完全子会社化、エアアジアジャパンを年内に(朝日・7面)

●中国新車販売5月は9.8%増、日本車はシェア減(朝日・7面)

●DJポリスに総監賞授与へ、警視庁、語り口評価(朝日・37面)

●EV普及充電器設置着々、料金設定に格差公平性課題(産経・10面)

●ガソリン需要減、改修費圧迫、給油過疎全国257市町村(産経・24面)

●女性転落そのまま発車、日比谷線六本木駅、駅員荷物と独断「後で拾います」(東京・31面)

●新日鉄住金、高級鋼板、中国に新工場、日本車増産に的(日経・1面)

●中・欧結ぶ新シルクロード、BMW工場に直通鉄道(日経・11面)

●タイ旅行入国優先審査、HIS、パック商品利用者に(日経・14面)

●出光・月岡次期社長、アジアでガソリン販売(日経・14面)


ひとくちコメント

昨年は「LCC元年」などと呼ばれて、日本の国内線にピーチ・アビエーションをはじめ、ジェットスター・ジャパン、エアアジア・ジャパンの低コスト航空会社(LCC)が相次いで就航したが、全日空(ANAホールディングス)とLCCアジア最大手のエアアジア(マレーシア)がLCC事業の提携を解消する方針で検討に入ったという。きょうの毎日などが詳しく報じている。

それによると、「合弁会社エアアジア・ジャパンの業績が低迷し、回復の方向が見いだせないためで、ANAはエアアジアの合弁会社株すべてを取得し、完全子会社にすることも含めて検討。また、日本での事業継続を目指すため同じ全日空グループのピーチ・アビエーションのブランドで運航することや別の提携先を探すことなども検討中」としている。

エアアジア・ジャパンは昨年8月に就航し、現在、国内5路線、国際3路線で運航しているが、5月の搭乗率は50%台に低迷するなど、当初の搭乗率80%の目標には未達の状況が続いている。

エアアジア・ジャパンの拠点は成田空港だが、24時間営業の関西空港とは違い、成田は午後11時~翌日午前6時までは原則として航空機の離着陸を制限している。利便性が悪いことも不振の要因であり、別の意味での“成田離婚”が加速しているようだ。
《福田俊之》

編集部おすすめのニュース

特集