BMW X5 新型、直列6気筒ガソリンを追加へ…306psターボのxドライブ35i

自動車 ニューモデル 新型車

新型BMW X5
  • 新型BMW X5
  • 新型BMW X5
  • 新型BMW X5
  • 新型BMW X5
  • 新型BMW X5
BMWのドイツ本社が5月30日に発表した新型『X5』。当初、1グレードのみのガソリンエンジン搭載車に、遅れて新グレードが追加される。

新型X5のガソリンエンジン仕様は、現時点では、「xドライブ50i」グレードのみ。直噴4.4リットルV型8気筒ガソリンエンジンを、2個のターボチャージャーで過給した新世代ユニットを搭載。最大出力は450ps/5500rpm、最大トルクは66.3kgm/2000-4500rpmを引き出す。

新エンジンを得たxドライブ50iグレードは、0-100km/h加速5秒、最高速250km/h(リミッター作動)。欧州複合モード燃費は9.6km/リットル、CO2排出量は242g/kmと公表されている。

BMWは今回、2013年12月に欧州市場へ、「xドライブ35i」グレードを追加投入すると発表。すでに、『3シリーズ』や『5シリーズ』などでお馴染みの直噴3.0リットル直列6気筒ガソリンターボを積む。最大出力は306psを発生する。

BMWは、xドライブ35iグレードの環境性能も公表。欧州複合モード燃費は11.76km/リットル、CO2排出量は199g/km。V8よりも2気筒少ない6気筒だけに、xドライブ50iグレードよりも環境性能に優れている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集