米クライスラー、ジープ2車種25万台をリコール…エアバッグ展開に遅れ

自動車 テクノロジー 安全

ジープ コンパス
  • ジープ コンパス
  • ジープ・パトリオット
傘下のジープブランドの一部車種について、米国運輸省のリコール(回収・無償修理)勧告を拒否した米国の自動車大手、クライスラーグループ。同社がこれとは別に、ジープ車のリコールを行うことが分かった。

これは6月4日、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が明らかにしたもの。クライスラーグループから、ジープ『コンパス』と『パトリオット』に関するリコールの届け出を受けたと公表している。

今回のリコールは、エアバッグとシートベルトの作動に関する電装系の不具合によるもの。NHTSAによると、ソフトウェアのエラーにより、エアバッグの展開やシートベルトプリテンショナーの作動が、遅れる恐れがあるという。

リコールの対象となるのは、2008年5月から2012年6月にかけて生産され、米国で販売されたコンパスとパトリオットの合計25万4396台。

クライスラーグループは対象車を所有する顧客に連絡。交換部品が用意できる7月から、リコール作業に着手する計画。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集