【BMW 3シリーズGT 発売】「3シリーズの新しいチャプター」BMWジャパン ハリス社長

自動車 ニューモデル 新型車

BMW 3シリーズ グランツーリスモ(GT)
  • BMW 3シリーズ グランツーリスモ(GT)
  • BMW 3シリーズ グランツーリスモ(GT) EU仕様
  • BMW 3シリーズ グランツーリスモ(GT) EU仕様
  • BMW 3シリーズ グランツーリスモ(GT)
  • 左はBMW AG BMW デザイン部門 エクステリア・クリエイティブ・ディレクターの永島譲二氏、右はBMWジャパンの代表取締役社長 アラン・ハリス氏。
  • BMW 3シリーズ グランツーリスモ(GT)
  • BMW 3シリーズ グランツーリスモ(GT)
  • BMW 3シリーズ グランツーリスモ(GT)
BMWは6月4日、『3シリーズ』の派生モデルとして『3シリーズ グランツーリスモ(GT)』を発売した。

3シリーズツーリングと比較して全長で200mm長い4825mm、ホイールベースでも110mm長い2920mmで、全高は50mm高い1510mm。エンジンラインナップは2リットル直4ターボの320i(184ps・27.5kgm)/328i(245ps・35.7kgm)、3リットル直6ターボの335i(306ps・40.8kgm)。それぞれに「スポーツ」「モダン」「ラグジュアリー」がラインナップされ、「Mスポーツ」は今秋にも追加される予定だ。価格は494万円(320i グランツーリスモ)から。

BMW日本法人の代表取締役社長のアラン・ハリス氏は、「日本におけるBMWのビジネスは成長を続けている。お客様は、さまざまなライフスタイルや価値観を持って革新を求めてクルマにも新しい要素を求めている。多様化するお客様のニーズに合わせるため、BMWの歴史は新しいセグメントを作ってきた歴史でもある。たとえば、Xシリーズはスポーツ・アクティビティ・ヴィークルという新カテゴリーを打ち立てたし、MINIブランドの導入はプレミアムコンパクトの市場を切り開いた」と説明。

ハリス氏は、「3シリーズはこのセグメントにおけるベンチマークであり、35年間の歴史において新しいスタンダードを確立し続けてきた。そして昨年は、6代目の3シリーズにおいて昨年カーオブザイヤーをダブル受賞した。3シリーズは今後もボディバリエーションやドライブトレインの拡大を続けていく。GTは、3シリーズの新しいチャプターだ」と語った。
《北島友和》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集