ウイリアムズF1、メルセデスベンツとエンジン契約…2014年から

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
ウィリアムズ F1
  • ウィリアムズ F1
  • ウィリアムズ F1
  • ウィリアムズ F1
ウイリアムズF1チームとメルセデスベンツは5月30日、2014年シーズンから長期間に及ぶエンジンパートナーシップ契約を締結したと発表した。

ウイリアムズF1チームは現在、ルノー製エンジンを搭載。2014年シーズンから、エンジンをメルセデスベンツに変更する。

今回発表された契約では、メルセデスベンツがウイリアムズに、エンジンとエネルギーリカバリーシステムを含めたパワーユニットを供給。このパワーユニットは、英国に拠点を置くメルセデスAMGハイパフォーマンスパワートレインズが開発する。

なお、ウイリアムズは、引き続き自社製のトランスミッションを使用。

ウイリアムズF1チームのフランク・ウイリアムズ代表は、「2014年のF1シーズンに向けて、メルセデスベンツの協力関係を発表できたことは喜ばしい限り」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集