【ポルシェ ケイマン 試乗】世界一使い勝手に優れるパッケージングは健在…河村康彦

試乗記 輸入車

ポルシェ・新型ケイマン
  • ポルシェ・新型ケイマン
  • ポルシェ・新型ケイマン
  • ポルシェ・新型ケイマン
初めてのフルモデルチェンジを経てますますスタイリッシュになったルックスには、「ホイールベース60mmの延長」が効果大。

シート背後のエンジンルームを“封印”して前後に大容量のラゲッジスペースを捻出。「2シータ・スポーツモデルとして世界で最も使い勝手に優れたパッケージング」を実現させたのは先代同様だ。

国際試乗会で乗ったモデルには、すべて電子制御式のダンパー“PASM”が装着されていたが、それにしても驚かされたのは際立つ快適性。路面を問わず常に完璧なまでのフラットな姿勢が保たれ、サスペンションの動きも信じ難いほどにしなやか。それでもボディに入った振動がたちまち減衰されるのは、アルミとスチールによる新構造の“ハイブリッド・ボディ”の強靭さゆえでもあるはずだ。

俊敏さと安定感の高さのバランス点は、定評あった従来型をさらに上回る。標準モデルでも十分速いが、このポテンシャルの高いシャシーには『S』グレードがより魅力的!

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

河村康彦
1960年生まれ。自動車専門誌編集部員を経て、1985年よりフリーランス活動を開始。現所有車はポルシェ・ケイマンS、スマート・フォーツー、VWルポGTI(ドイツ置き去り…)
《河村康彦》

編集部おすすめのニュース

特集