ホンダ、MotoGP市販レーサー のサーキットテストを開始…年内に発表予定

モーターサイクル 新型車
ホンダ・MotoGP市販レーサー (仮称) プロトタイプ
  • ホンダ・MotoGP市販レーサー (仮称) プロトタイプ
ホンダは、MotoGPワークスマシン『RC213V』の技術を投入した「MotoGP市販レーサー(仮称)」の、2013年中の発表、および2014年シーズンの発売に向けて、サーキットテストを開始したと発表した。

ホンダは5月23日から24日にかけ、栃木県のツインリンクもてぎにて、ホンダ・レーシング契約ライダーにより、当該モデルのプロトタイプの走行テストを行った。

同社では、MotoGPクラスにおいて、参戦を望む多くのチーム/ライダーが廉価に参加できるように、MotoGP市販レーサーを開発。トップカテゴリーレースにより多くのライダーが参加することで、二輪レース全体の健全な発展に寄与したいとしている。

ホンダ・レーシングの中本修平副社長は「開発スケジュールは、課題も多く、計画に比べて若干、遅れている状況だが、もてぎでの走行テストでは、期待以上の成果が出ている。今後は2014年シーズンのMotoGPレギュレーションに合致すべく開発を継続し、年内の発表につなげる予定だ」とコメントした。
《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース