【IIHS衝突安全】三菱、アウトランダースポーツ がトップセーフティピック+ に認定

自動車 テクノロジー 安全
三菱アウトランダースポーツ(日本名:RVR)の2013年モデル
  • 三菱アウトランダースポーツ(日本名:RVR)の2013年モデル
  • 三菱アウトランダースポーツ(日本名:RVR)の2013年モデル
  • アウトランダースポーツ(日本名:RVR)
三菱自動車は5月22日、コンパクトSUV『RVR』の米国仕様『アウトランダースポーツ』が、米国IIHS(道路安全保険協会)の衝突安全性評価において、最高評価となる「2013トップセーフティピック+」に認定されたと発表した。

IIHSの安全性評価は、乗員保護に関する衝突試験を行い、「good(優)」「acceptable(良)」「marginal(可)」「poor(不可)」の4段階で評価するもの。

「トップセーフティピック」は、オフセット前面衝突、後面衝突、側面衝突、ルーフ強度の4つの試験で「good(優)」の評価を得ることが要件であり、「トップセーフティピック+」ではこれら4つの試験に加え、さらに新方式のスモールオフセット衝突試験についても「acceptable(良)」以上の評価を得ることが求められる。

同車は、高エネルギー吸収構造と高耐力キャビン構造で、衝突安全性を高めた三菱自動車独自の衝突安全強化ボディ「RISE」を採用。高張力鋼板の多用により、全方向の衝突安全性を高めている。

また、2012年に続いて「トップセーフティピック」に認定されており、2年連続で最高レベルの衝突安全性能の高さが認められた。
《村尾純司@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集