【IIHS衝突安全】スバル、新型フォレスターがトップセイフティピック+ を獲得

自動車 テクノロジー 安全
IIHSの新型スバル フォレスターの衝突テスト
  • IIHSの新型スバル フォレスターの衝突テスト
  • スバル フォレスター
  • IIHSの新型スバル フォレスターの衝突テスト
  • IIHSの新型スバル フォレスターの衝突テスト
富士重工業の米国販売会社スバル オブ アメリカ インクは、新型スバル『フォレスター』がIIHS(ハイウェイ安全保険協会)が行った2013年の安全性評価において、最高評価の「トップセイフティピック+」を獲得したと発表した。

新型フォレスターは、「トップセイフティピック+」を獲得するために受験する必要のあるスモールオーバーラップ試験において、小型SUVクラスで受験した全13車中、唯一総合評価である「Good」を獲得。スバル車が「トップセイフティピック+」を獲得したのは、昨年の2013年型『レガシィ アウトバック』の初受賞に続き3車種目となる。

「トップセイフティピック+」は、IIHSが実施する乗員保護に関する5つの安全性評価項目のうち、4つ以上の項目において「Good」を獲得し、かつ残り一つの項目においても「acceptable」以上の評価を獲得することが受賞の条件となっている。

また、スバルは、4年連続で、北米地区で現在販売しているモデルラインアップ全車が「トップセイフティピック+」以外の安全性評価についての最高評価である「トップセイフティピック」を獲得した唯一のメーカーと評価されている。
《村尾純司@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集