ランボルギーニ、エゴイスタ 発表…究極のワンオフスーパーカー

自動車 ニューモデル 新型車
ランボルギーニ エゴイスタ
  • ランボルギーニ エゴイスタ
  • ランボルギーニ エゴイスタ
  • ランボルギーニ エゴイスタ
  • ランボルギーニ エゴイスタ
  • ランボルギーニ エゴイスタ
  • ランボルギーニ エゴイスタ
  • ランボルギーニ エゴイスタ
  • ランボルギーニ エゴイスタ
イタリアのスーパーカーメーカー、ランボルギーニは5月12日、ワンオフのコンセプトカー、『エゴイスタ』(EGOISTA)を発表した。

エゴイスタは、ランボルギーニの創業50周年記念車の最後を飾るモデルとして、披露されたワンオフモデル。ランボルギーニが属するフォルクスワーゲングループで、デザインを主導するワルター・デ・シルバ氏が、ランボルギーニの創業50周年に敬意を表してデザインした1台。

エゴイズムを意味するエゴイスタの車名は、1名乗りのシングルシーターという点に表現。他人を乗せない、自分ひとりのためだけに存在するスーパーカーというコンセプトを掲げる。

そのフォルムは、米軍などに採用されているヘリコプター、『アパッチ』をモチーフとして、アグレッシブなデザインを採用。ランボルギーニが推進する最先端のカーボンファイバー技術も導入し、非常に軽量に仕上げられた。キャビンを覆うキャノピーは、脱着式。

ミッドシップには、『ガヤルド』用をベースとした5.2リットルV型10気筒ガソリンエンジンを搭載。最大出力は600psと、『ガヤルドLP560-4』に対して40ps引き上げられた。

ワルター・デ・シルバ氏は、「創業者のフェルッチオ・ランボルギーニが言っていたように、人を乗せるための車を作るのではない。自分自身が楽しむための車を作るのだ」とコメント。なお、エゴイスタの量産計画はない。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集