【ニューヨークモーターショー13】日産 パスファインダー 新型…2.5リットルのダウンサイズHV設定

自動車 ニューモデル モーターショー
新型日産 パスファインダー ハイブリッド(ニューヨークモーターショー13)
  • 新型日産 パスファインダー ハイブリッド(ニューヨークモーターショー13)
  • 新型日産 パスファインダー ハイブリッド(ニューヨークモーターショー13)
  • 新型日産 パスファインダー ハイブリッド(ニューヨークモーターショー13)
  • 新型日産 パスファインダー ハイブリッド(ニューヨークモーターショー13)
  • 新型日産 パスファインダー ハイブリッド(ニューヨークモーターショー13)
  • 新型日産 パスファインダー ハイブリッド
  • 新型日産 パスファインダー ハイブリッド
  • 新型日産 パスファインダー ハイブリッド
米国で3月27日に開幕したニューヨークモーターショー13。日産自動車のブースの主役は、SUVの新型『パスファインダー ハイブリッド』が務めた。

同車は2012年8月、米国で発表された新型『パスファインダー』のハイブリッド仕様。初代パスファインダーは、1986年にデビュー。『テラノ』の北米・中東向け仕様が、パスファインダーを名乗った。新型は4代目モデルにあたる。

新型のパワートレインは従来、3.5リットルV型6気筒ガソリンエンジン(最大出力260ps、最大トルク33.2kgm)と、CVTの「エクストロニック」の組み合わせのみ。今回、ニューヨークモーターショー13で初公開されたパスファインダー ハイブリッドが、2014年モデルとしてラインナップに加わる。

注目のハイブリッドパワートレインは、日産が開発した新世代システム。「デュアルクラッチコントロール」と称する1モーター2クラッチ方式のフルハイブリッドシステムは、『フーガハイブリッド』などにも見られるが、パスファインダー ハイブリッドでは、ガソリンエンジンを3.5リットルV型6気筒から、2.5リットル直列4気筒スーパーチャージャーにダウンサイジングしているのが特徴だ。

モーターは最大出力20psで、エンジンとエクストロニックCVTの間にレイアウト。モーターとエンジンを合わせたシステムトータルでは、最大出力250ps、最大トルク33.6kgmを引き出す。このスペックは、3.5リットルV6の最大出力260ps、最大トルク33.2kgmとほぼ同等。

二次電池は、新開発の小型リチウムイオンバッテリー。パスファインダー ハイブリッドの米国EPA(環境保護局)予想燃費は、複合モードで11km/リットル。北米日産は、「3.5リットルV6比で燃費は24%向上。燃料満タンで最大845km以上走行できる」と胸を張る。

ニューヨークモーターショー13の会場では、新型パスファインダー ハイブリッドの米国価格が、ガソリン車に対して3000ドル(約28万円)高程度になることがアナウンス。プレスカンファレンスに登壇した北米日産の商品企画担当、ピエール・ロアン副社長は、「2014年の商品ラインアップに、今までで最高の燃費を誇るパスファインダーが加わる」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集