【ジュネーブモーターショー13】マクラーレン P1、プラグイン可能なスーパーカー[詳細画像]

自動車 ニューモデル ショーカーライブラリー
マクラーレン P1(ジュネーブモーターショー13)
  • マクラーレン P1(ジュネーブモーターショー13)
  • マクラーレン P1(ジュネーブモーターショー13)
  • マクラーレン P1(ジュネーブモーターショー13)
  • マクラーレン P1(ジュネーブモーターショー13)
  • マクラーレン P1(ジュネーブモーターショー13)
  • マクラーレン P1(ジュネーブモーターショー13)
  • マクラーレン P1(ジュネーブモーターショー13)
  • マクラーレン P1(ジュネーブモーターショー13)

マクラーレンは新型スーパーカー『P1』を発表した。ミッドシップに『MP4-12C』と基本を共用する3.8リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載。さらに、エンジンパワーをアシストするモーターを組み合わせる。

P1のエンジンは、最大出力737ps/7500rpm、最大トルク73.4kgm/4000rpmを発生。さらに運動エネルギー回生システムIPAS(インスタント・パワー・アシスト・システム)を採用した。

エンジンに直結したモーターは、最大出力179ps、最大トルク26.5kgm。エンジンとモーターを合せたトータル出力は、最大出力916ps、最大トルク91.8kgm。ステアリングホイールのスイッチを操作すれば、このモーターが加速時などに、エンジンのパワーをアシストするシステムとなる。

さらにP1は外部電源にも対応し、充電が可能。およそ10kmをEV走行することが可能だという。

《ショーカーライブラリー》

あわせて読みたい

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集