【ジュネーブモーターショー13】BMW 3シリーズ 新型にグランツーリスモ…Mスポーツも設定

自動車 ニューモデル モーターショー
BMW 3シリーズ グランツーリスモ Mスポーツ
  • BMW 3シリーズ グランツーリスモ Mスポーツ
  • BMW 3シリーズ グランツーリスモ Mスポーツ
  • BMW 3シリーズ グランツーリスモ Mスポーツ
  • BMW 3シリーズ グランツーリスモ Mスポーツ
  • BMW 3シリーズ グランツーリスモ Mスポーツ
  • BMW 3シリーズ グランツーリスモ Mスポーツ
  • BMW 3シリーズ グランツーリスモ Mスポーツ
  • BMW 3シリーズ グランツーリスモ Mスポーツ
BMWが3月、スイスで開催されるジュネーブモーターショー13で初公開する『3シリーズ グランツーリスモ』。同車にも、「Mスポーツ」が設定される。

3シリーズ グランツーリスモは、新型『3シリーズ』から派生した新型車。BMWはすでに、『5シリーズ』ベースの派生車種(正確には『7シリーズ』がベース)として、『5シリーズ グランツーリスモ』を用意。これと同様のコンセプトで、3シリーズ グランツーリスモは登場した。

3シリーズ グランツーリスモは、全長4824mm、全幅1828mm、全高1489mm、ホイールベース2920mm。ワゴンの『3シリーズ ツーリング』に対して、全長が200mm、ホイールベースが110mm大きい。全高も81mm引き上げられた。

ボディサイズ拡大の効果で、室内空間は3シリーズ随一の広さ。とくにシートの高さは59mm高められており、見晴しの良さや乗降性を向上させる。後席足元の余裕は、セダンやツーリングに対して、70mm拡大。BMWによると、後席のゆとりは、5シリーズと7シリーズの中間レベルだという。

この3シリーズ グランツーリスモにも、他のBMWのラインナップと同じく、Mスポーツパッケージを設定。外観は開口部を拡大したフロントバンパー、ディフューザー付きリアバンパー、サイドスカートが特徴。アルミホイールは、18または19インチのMデザインとなる。MスポーツサスペンションとオプションでMスポーツブレーキも用意する。

室内には、アンスラサイトとアルカンターラのスポーツシートを装備。ブルーのステッチが添えられる。MレザーステアリングホイールやMフットレスト、Mドアシルフィニッシャーも、Mスポーツパッケージならではのアイテムだ。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集