【デトロイトモーターショー13】日産 レゾナンス、次期 ムラーノ との関連性は…

自動車 ニューモデル モーターショー

日産 レゾナンス(デトロイトモーターショー13)
  • 日産 レゾナンス(デトロイトモーターショー13)
  • 日産 レゾナンス(デトロイトモーターショー13)
  • 日産 レゾナンス(デトロイトモーターショー13)
  • 日産 レゾナンス(デトロイトモーターショー13)
  • 日産 レゾナンス(デトロイトモーターショー13)
  • 日産 レゾナンス(デトロイトモーターショー13)
  • 日産 レゾナンス(デトロイトモーターショー13)
日産自動車が1月15日、デトロイトモーターショー13でワールドプレミアしたコンセプトカー、『レゾナンス』(RESONANCE)。同車が、次期『ムラーノ』を示唆した1台である可能性が伝えられているが、真相はどうなのか。

これは、海外の各自動車メディアがこぞって伝えているもの。レゾナンスを読者に紹介する際、必ずといっていいほど、「次期ムラーノのデザインの方向性を提示したコンセプトカー」というキャッチコピーとともに、レポートされている。

レゾナンスは、日産の未来のクロスオーバーの姿を提案したコンセプトカー。車名のレゾナンスとは、共振、共鳴を意味する。パワートレインには、先進のハイブリッドが採用された。

レゾナンスのデザインは、日産自動車の常務執行役員で、デザイン部門を統括する中村史郎氏が主導。フロントエンドは、グリルからフードへかけあがるラインの勢いと、象徴的なブーメラン型のヘッドランプが、「共鳴」するようなVモーションをテーマにデザインしたという。

日産はレゾナンスについて、「デザインの領域を新たな次元へと推進しながら、ムラーノ、『デュアリス』、『ジューク』などの最先端モデルに見られるようなクロスオーバーデザインにおける日産の長年のリーダーシップに即したもの」、と説明。これが、「レゾナンスは次期ムラーノ」と、各メディアが報じた根拠のようだ。

現行ムラーノは2世代目にあたり、2007年秋のロサンゼルスモーターショー07で発表。すでにデビューから5年以上が経過しており、次期型の開発プロジェクトが進んでいると推測される。果たして、レゾナンスのデザインの方向性が、次期ムラーノに反映されるのか。

デトロイトモーターショー13の会場において、日産自動車の担当者は、「ムラーノと直接的な関連はない」と、コメント。あくまで、「担当デザイナーに自由にデザインさせた結果」と説明している。


《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集