【THS開発者へ15の質問】ディーゼルハイブリッドがトヨタから出る可能性

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

「トヨタハイブリッド開発者への15の質問」
  • 「トヨタハイブリッド開発者への15の質問」
  • 「トヨタハイブリッド開発者への15の質問」
  • 「トヨタハイブリッド開発者への15の質問」
  • 「トヨタハイブリッド開発者への15の質問」
  • 「トヨタハイブリッド開発者への15の質問」
  • マツダ・CX-5(広州モーターショー12)
トヨタ自動車のハイブリッド車『プリウス』が12月10日で発売から15周年を迎えた。同日開催された「永遠の記憶に残るトヨタハイブリッド 15周年ミーティング」では、「トヨタハイブリッド開発者への15の質問」と題した質疑応答が行われた。

参加者による15の質問に回答したのは、トヨタ自動車製品企画本部小木曽聡常務理事、同豊島浩二チーフエンジニア、同岡部慎主査、同田中義和主査ら4名の開発陣。


◆ディーゼルハイブリッドの開発予定は?

井戸貞夫さん:兵庫県の尼崎からきました井戸です。乗馬が趣味なので、月に1、2回、長野県佐久市にある牧場まで、尼崎からドライブしています。ドライブが楽しくて、燃費のいいクルマということで、アクアを購入しました。満足していますが、クリーンディーゼルにも興味がありまして、BMW『320d』やマツダ『CX5』が気になるところです。トヨタにはディーゼルのハイブリッドあるいプラグインハイブリッドの開発予定はあるのでしょうか。


◆開発は進めているが…問題はコスト

小木曽:クリーンディーゼルの開発はトヨタも一生懸命やっています。ディーゼルを使ったハイブリッドは、技術的には可能ですが、大きな問題があって、それをなかなか超えられないのが現状です。問題というのはコストです。高級車の特別モデルとして搭載するとか、アドバルーン的なかたちであれば市販化は多分可能だと思うのですが、それはあまり環境のためとか、お客様のためになるとは思えません。僕たちは、価格も含めて皆さんに喜んで頂けるクルマづくりを目指しています。

ディーゼルの排ガス規制は厳しくなっており、今やガソリン並みです。ヨーロッパ基準のユーロ6をクリアするようなクリーンディーゼルを開発しようとすると、コスト面でハイブリッドと変わらなくなります。実際、Bセグメントのクリーンディーゼル車と、ヤリスのハイブリッド車(日本名ヴィッツの欧州専用車)の販売価格に大きな差がありません。

排ガス規制が厳しくなる中、コスト高のディーゼルをベースとしたハイブリッド車を市販化しようとすると、なかなか皆さんにご納得頂けない価格になってしまいます。それがトヨタから出ていない理由のひとつです。
《村尾純司@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集