日産とヤマト運輸、100%電気式冷蔵冷凍システムトラックの実証運行を川崎市で開始

エコカー EV

日産自動車は、2013年1月から1年間、『アトラスF24リチウムイオンバッテリー式冷蔵・冷凍車』の実証運行をヤマト運輸と実施することを発表した。

同車は、走行時、信号待ち停車時、配送作業中のキーオフ時にかかわりなく、エンジンを一切使用せずに、常時リチウムイオンバッテリーシステムだけで冷蔵冷凍荷室を継続的に稼働させる、世界初のトラック。

車両エンジンへの負荷がないため、車両燃費の改善が期待される一方で、冷蔵冷凍機の出力がエンジンの回転数に左右されないことから、荷室の温度管理がしやすく、配送品のより良い品質管理に寄与する。また、配送作業中のキーオフ時でも、十分なバッテリー容量により、長時間安定した冷蔵冷凍荷室の稼働が可能となる。搭載されるリチウムイオンバッテリーシステムは、フォーアールエナジーが開発を担当している。

日産は、同車両を、ヤマト運輸独自の集配ニーズに合わせた仕様に仕立てた上で、モニター車として、1台貸与。ヤマト運輸は、神奈川県川崎市内での業務にこの車両を活用し、クール宅急便などの集配における実用性を確認する。

なお日産では、「アトラスF24リチウムイオンバッテリー式冷蔵・冷凍車」の標準モデルを、2013年初夏より、日本にて発売する予定。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集