【メルセデスベンツ Aクラス 新型発表】モデルレンジ拡大を考慮に入れたプラットフォーム

自動車 ニューモデル 新型車

メルセデスベンツ Aクラス
  • メルセデスベンツ Aクラス
  • メルセデスベンツ Aクラス
  • メルセデスベンツ Aクラス
  • メルセデスベンツ Aクラス
  • メルセデスベンツ Aクラス
  • メルセデスベンツ Aクラス
  • メルセデスベンツ Aクラス
  • メルセデスベンツ Aクラス
メルセデスベンツ日本から発売が開始された、新型『Aクラス』は、アグレッシブを体現したモデルだが、同時に、メルセデスベンツの基本価値もしっかりと受け継いだモデルでもあるという。

そう話すのは、同社代表取締役社長兼CEOの上野金太郎氏。「レーダー型衝突警告システム(CPA)は、全車に標準装備。さらに、セーフティパッケージを全車にオプションでご用意しており、快適で安全なドライブを実現します」という。このセーフティパッケージには、メルセデス最新のドライバー支援システムであるディストロニック・プラスやブラインドスポットアシストなどがセットで装備される。

また、「駐車時のストレスを軽減するため、全車にリアビューカメラを標準装備。さらに、縦列駐車時にハンドル操作を自動で行ってくれるアクティブパーキングアシストも用意しています」と述べる。

上野氏は、「このように、新型Aクラスは、アグレッシブを体現するデザイン、スポーティネス、メルセデスベンツのベーシック・バリュー、セーフティとコンフォートを兼ね備えた新世代スポーツコンパクトとなっています」と話す。

そして、「このプラットフォームから今後さらにモデルレンジが広がっていきます。それらは、キャラクターが差別化された皆様のライフスタイルにお応えしていけると考えています」と語った。

《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集