KTM、日本人レーシングライダー育成プログラムを開始

モーターサイクル 企業動向

ルーキーズカップ
  • ルーキーズカップ
  • KTM・125デューク
KTMは、日本国内の若手ライダーを対象に、次世代を担う世界に通用する日本人レーシングライダーを育成することを目的とした「ROOKIES CUP JAPAN」を2013年度から開始すると発表した。

プログラムは、MotoGPと併催する本家ルーキーズカップとの協力関係の元、ライディングテクニックだけでなく、二輪工学やセッティング、語学なども学び、日本のベストライダーを育成、選抜して、ルーキーズカップ・セレクションイベントに派遣する。

従来、セレクションイベントへの具体的な道筋は英文のホームページを読み解き、難解な書類選考をパスしなければならないなど非常にハードルが高いものだったが、このシリーズから推薦されるライダーはセレクションイベントには事前選考なしで招待。世界につながる明確な道のりを確保することができる。

講師陣には、WGPでも活躍した選手を複数招へい。世界レベルで戦ったライダーが具体的なライディングテクニック、レース戦略などを伝授する。また、スクール会場には美浜サーキット、日本海間瀬サーキット、筑波サーキット、スポーツランド SUGO西コースなどのレーシングコースを予定。主なトレーニングモデルは『125デューク』をKTMが用意する。

参加費は1人あたり75万円。スクーリング期間は3月から8月までの6か月間を予定。この間に強化合宿、レース、スクール、トレーニングなどを行う。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集