【デトロイトモーターショー13】VW パサート、北米仕様にパフォーマンス コンセプト…1.8ターボは250ps

自動車 ニューモデル モーターショー

フォルクスワーゲン パサート パフォーマンス コンセプト(デトロイトモーターショー13)
  • フォルクスワーゲン パサート パフォーマンス コンセプト(デトロイトモーターショー13)
  • フォルクスワーゲン パサート パフォーマンス コンセプト(デトロイトモーターショー13)
  • フォルクスワーゲン パサート パフォーマンス コンセプト(デトロイトモーターショー13)
  • フォルクスワーゲン パサート パフォーマンス コンセプト(デトロイトモーターショー13)
  • フォルクスワーゲン パサート パフォーマンス コンセプト(デトロイトモーターショー13)
米国で1月14日、デトロイトモーターショー13が開幕した。フォルクスワーゲンのブースでは、『パサート パフォーマンス コンセプト』がワールドプレミアを飾っている。

同車は、欧州や日本仕様とは異なる北米向けの『パサート』がベース。これまで、北米向けのパサートには、高性能モデルは用意されていなかった。パサート パフォーマンス コンセプトでは、エンジンや足回りを強化し、高性能モデルを提案した。

内外装には、スポーティさを表現。19インチアルミホイールやデュアルエグゾースト、カーボンファイバー製ドアミラーを装備。バイキセノンヘッドライトには、ステアリングの操舵角に連動するAFSが組み込まれた。LEDテールライトも採用。室内には、ツートンレザーシートやカーボン調パネルを装備する。

パワーユニットは、直噴1.8リットル直列4気筒ガソリンターボ「TSI」。EA888型と呼ばれるエンジンは、欧州やアジアのフォルクスワーゲン車でお馴染み。パサート パフォーマンス コンセプトは専用チューンを受け、最大出力250psを獲得する。トランスミッションは6速AT。車高を低めたスポーツサスペンションや専用チューンの電動パワーステアリングが採用され、ハンドリング性能を引き上げる。

フォルクスワーゲンは、パサート パフォーマンス コンセプトを今後、米国市場へ投入する予定。フォルクスワーゲンの好調な米国販売を牽引するパサートに、スポーツという新たな価値を提供する計画だ。


《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集