【デトロイトモーターショー13】MINI ペースマンに JCW 登場…最強の218psターボ

自動車 ニューモデル モーターショー

MINI ジョン クーパー ワークス ペースマン (デトロイトモーターショー13)
  • MINI ジョン クーパー ワークス ペースマン (デトロイトモーターショー13)
  • MINI ジョン クーパー ワークス ペースマン (デトロイトモーターショー13)
  • MINI ジョン クーパー ワークス ペースマン (デトロイトモーターショー13)
  • MINI ジョン クーパー ワークス ペースマン (デトロイトモーターショー13)
  • MINI ジョン クーパー ワークス ペースマン (デトロイトモーターショー13)
  • MINI ジョン クーパー ワークス ペースマン (デトロイトモーターショー13)
1月14日、米国で開幕したデトロイトモーターショー13。MINIのブースの主役は、ワールドプレミアの『ジョン クーパー ワークス ペースマン』が務めた。

同車は、MINI『ペースマン』の最強グレードに位置付け。すでに、「ジョン クーパー ワークス(JCW)」は、MINIのハッチバック、『クラブマン』、『コンバーチブル』、『クーペ』、『ロードスター』、『カントリーマン』(日本名:『クロスオーバー』)の6車種に設定。7番目のJCWグレードがペースマンとなる。

JCWシリーズに共通する直噴1.6リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンは、MINIクロスオーバーとペースマン向けに専用チューン。最大出力は218ps/6000rpm、最大トルクは28.5kgm/1900-5000rpmを引き出す。オーバーブーストモードでは、最大トルクは30.6kgm。

JCWシリーズで、駆動方式が4WDの「オール4」となるのも、MINIクロスオーバーとペースマンのみ。218psのパワーは4輪に効率良く伝えられ、0-100km/h加速6.9秒、最高速226km/hのパフォーマンスを実現する。トランスミッションは6速MTと、パドルシフト付きの6速ATだ。

サスペンションやブレーキは強化。内外装もJCWらしい演出が施される。デトロイトモーターショー13のプレスカンファレンスには、BMWグループでMINIブランドを統括するカイ・セグラー副社長が登壇。同副社長は、「デザイン、そしてテクノロジーの両面でレーシーな感覚が味わえるモデル」と語っている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集