2012年のGM中国新車販売、11.3%増の283万台…新記録

自動車 ビジネス 海外マーケット

米国の自動車最大手、GMは1月14日、中国における2012年の新車販売の結果を公表した。総販売台数は、新記録となる283万6128台。前年比は11.3%増と、2桁の伸びを示した。

GMの中国合弁(乗用車)には、上海GMとSAIC‐GM(上海通用五菱汽車)の2社がある。2012年実績は、上海GMが前年比10.9%増の133万1022台。SAIC‐GMは過去最高の144万5203台を販売し、前年比は12.4%増だった。

シボレーブランドは2012年、中国で62万6846台を販売。前年比は5.3%増だった。コンパクトカーの新型『セイル』シリーズが、30.8%増の21万8090台と牽引。小型セダンの『クルーズ』は、5.2%増の23万2592台を売り上げた。2012年2月に中国に初投入された新型『マリブ』は、5万1926台。

ビュイックブランドは2012年、中国で70万0007台を販売し、前年比は8.4%増。ロワミディアムセダンの『エクセル』が、前年比9.3%増の27万7071台を販売。『エクセルXT』と『エクセルGT』は合計で、前年比28.6%増の17万3312台を売り上げた。

キャデラックブランドは、前年実績に対して微増の3万0010台。SUVの『SRX』が前年比8.9%増の2万1698台と、全体の7割以上を占める。

なお、GMの2012年12月単月の中国新車販売台数は、24万2486台。前年同月比は23.2%増と、11か月連続で前年実績を上回っている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集