【東京オートサロン13】特別仕様車 シボレー カマロ Giovanna Edition を発表

自動車 ニューモデル 新型車

シボレー カマロ Giovanna Edition
  • シボレー カマロ Giovanna Edition
  • シボレー カマロ Giovanna Edition
ゼネラルモーターズ・ジャパンは、幕張メッセで開催中の「東京オートサロン2013」で、特別仕様車『シボレー カマロ Giovanna Edition』を発表した。

特別仕様車は、モータージャーナリストの九島辰也氏による監修のもとカスタマイズ。オリジナルボディストライプを大胆に施し、Giovanna20インチホイールやロゴ入りヘッドレストなどの専用装備を配している。

Giovanna(ジオバンナ)とは、1997年にWTW社代表のディコ・スラアンによって、米カリフォルニアで誕生したホイールブランド。デザインコンセプトは「主張し過ぎずに、主張する」。高級車と大口径ホイールのベストマッチングを求め、常に新しいデザインを提供している。

特別仕様車は、1月11日より受注受付を開始、3月末日までの受注をもって生産を終了する。価格は3.6リッターV6のLT RSベースが499万円、6.2リッターV8のSS RSベースが599万円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集