JVCケンウッド、彩速ナビをフルモデルチェンジ…スマートフォン感覚の新操作体系を採用

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

ケンウッド・彩速ナビ「MDV-Z700」
  • ケンウッド・彩速ナビ「MDV-Z700」
  • ケンウッド・彩速ナビ「MDV-R700」
  • ケンウッド・彩速ナビ「MDV-X500」
JVCケンウッドは、ケンウッドブランドより、フルモデルチェンジしたAVナビゲーションシステム、彩速ナビ「MDV-Z700」「MDV-X500」「MDV-R700」を2月上旬より発売する。

新製品は高速スクロールや素早いレスポンスなど、「彩速」コンセプトを継承し、さらに進化を図ったものとなっている。高精細・高輝度を実現する「プレミアム・ファインビュー・モニター」搭載で、彩りある鮮やかな新・彩速描画を実現。また、高速処理を実現する「ジェットレスポンスエンジンIII」を新開発。誰もが実感できる速さを実現している。

また、操作系を一新し、拡大・縮小などがスマートフォン感覚で簡単に操作できる新プラットフォームを採用。静電タッチパネルによって、従来のナビゲーションとは異なる現代感覚の操作感・操作方法となっている。

さらに、オーディオ、スマートフォン等の接続・連携強化、映像・音楽のデジタル対応力なども充実。ユーザーニーズに応じて、3つのシリーズを用意した。

TYPE Z(MDV-Z700)は、描画の美しさとレスポンスに加え、AV機能や操作性にこだわったプレミアムモデル。TYPE X(MDV-X500)は、新しさと高品位なバランスを求めるユーザーを対象としたスタンダードモデル。TYPE R(MDV-R700)は、デジタルコンテンツに特化したモデル。価格はいずれもオープン。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集