【シドニーモーターショー12】レクサスのスポーツクーペ、LF-LC が進化…次世代ハイブリッドは500ps超え

自動車 ニューモデル モーターショー

レクサス LF-LC ブルーコンセプト
  • レクサス LF-LC ブルーコンセプト
  • レクサス LF-LC ブルーコンセプト
  • レクサス LF-LC ブルーコンセプト
  • レクサス LF-LC ブルーコンセプト
  • レクサス LF-LC ブルーコンセプト
  • レクサス LF-LC ブルーコンセプト
  • レクサス LF-LC ブルーコンセプト
レクサスは10月18日、オーストラリアで10月19日に開幕するシドニーモーターショー12において、『LF-LCブルーコンセプト』をワールドプレミアすると発表した。

同車は2012年1月、デトロイトモーターショー12で初公開されたハイブリッドスポーツクーペコンセプトカー、『LF-LC』の発展バージョン。車名が意味する通り、デトロイトの赤から一転、ブルーのボディカラーをまとって登場する。

このブルーを「オパールブルー」と命名。レクサスによると、オーストラリアのオパールストーンをイメージした色だという。インテリアはボディカラーに合わせて、ドアトリムなどをベージュでコーディネートする。

LF-LCブルーコンセプトは、LF-LCに対して、単に内外装のイメージを変えただけでははい。デトロイトでは公表されなかったハイブリッドパワートレインの内容も、明らかにされている。

レクサスが、次世代ハイブリッドパワートレインと位置付けるシステムは、パワフルかつ高効率なアトキンソンサイクルエンジンに、高出力のバッテリー(二次電池)の組み合わせ。エンジンとモーターを合わせた最大出力は、500psを超えるという。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集