【パリモーターショー12】トヨタ、オーリス ツーリング スポーツ発表…CセグHVを強調

自動車 ニューモデル モーターショー

トヨタカンファレンス(パリモーターショー12)
  • トヨタカンファレンス(パリモーターショー12)
  • トヨタカンファレンス(パリモーターショー12)
  • トヨタカンファレンス(パリモーターショー12)
  • トヨタカンファレンス(パリモーターショー12)
  • トヨタカンファレンス(パリモーターショー12)
  • トヨタカンファレンス(パリモーターショー12)
  • トヨタカンファレンス(パリモーターショー12)
  • トヨタカンファレンス(パリモーターショー12)
トヨタ自動車はパリモーターショー12において『オーリス ツーリング スポーツ』を発表した。環境対応ニーズが高まるパリでの発表は、ハイブリッド技術を前面に押し出した。

『プリウスPHV』を例にトヨタが持つ環境技術を紹介。プリウスPHVのEV走行で日々クルマを利用するユーザーの70%は事足りると強調した。また、燃料電池車の環境性能も解説。トヨタのハイブリッド技術が進化を続けていくことをアピールした。

すでにハイブリッド車の多くが市場で受け入れられていることを踏まえ、欧州Cセグメントに位置するオーリスに、ハイブリッドツアラーを設定する。
《土屋篤司》

編集部おすすめのニュース

特集