【パリモーターショー12】アウディ、クロスレーン クーペ 初公開 …ハイブリッドの小型SUVを提案

アウディは9月27日、フランスで開幕したパリモーターショー12において、コンセプトカーの『クロスレーン クーペ』を初公開した。

自動車 ニューモデル モーターショー
アウディ クロスレーン クーペ(パリモーターショー12)
  • アウディ クロスレーン クーペ(パリモーターショー12)
  • アウディ クロスレーン クーペ(パリモーターショー12)
  • アウディ クロスレーン クーペ(パリモーターショー12)
  • アウディ クロスレーン クーペ
  • アウディ クロスレーン クーペ
  • アウディ クロスレーン クーペ
  • アウディ クロスレーン クーペ
  • アウディ クロスレーン クーペ
アウディは9月27日、フランスで開幕したパリモーターショー12において、コンセプトカーの『クロスレーン クーペ』を初公開した。

クロスレーン クーペは『Q7』、『Q5』、『Q3』とラインナップを拡大してきたアウディのSUV、「Qシリーズ」に将来加わるニューモデルを示唆したコンセプトカー。2ドアクーペとSUVを融合させたような、コンパクトボディを採用する。ルーフは脱着式で、オープンカーにも早変わり。

パワートレインがハイブリッドという点は、クロスレーン クーペの大きな特徴。エンジンは、直噴1.5リットル直列3気筒ガソリンターボ「TFSI」。最大出力130ps、最大トルク20.4kgmを発生する。

アウディが「デュアルモード」と呼ぶハイブリッドは、モーターを2個搭載。ひとつが主に発進時とオルタネーターとして使われ、最大出力68ps、最大トルク21.4kgm。もうひとつが加速をアシストするモーターで、最大出力116ps、最大トルク25.5kgmを引き出す。

0‐100km/h加速は8.6秒、最高速は182km/h。二次電池は蓄電容量17.4kWhのリチウムイオンバッテリー。EVモードでは、最高速130km/h以下で、最大86kmをゼロエミッション走行できる。この効果もあって、欧州複合モード燃費は90.9km/リットル、CO2排出量26g/kmという優れた環境性能を実現する。



《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集