日産の新世代レーサー、デルタウイング…再び栄光の舞台へ[動画]

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
日産の次世代レーサー、デルタウイング
  • 日産の次世代レーサー、デルタウイング
日産自動車がエンジンを供給し、米国のデルタウイング社と共同で2012年のルマン24時間耐久レースに参戦した日産『デルタウイング』。この次世代ルマンレーサーの最新映像が、ネット上で公開されている。

この映像は9月17日、日産が公式サイトで公開したもの。10月17‐20日、米国のロードアトランタで開催されるALMS(アメリカン・ル・マン・シリーズ)最終戦に、日産デルタウイングが参戦するとの発表に合わせて公開された映像だ。

日産デルタウイングは、ルマン24時間耐久レースが2012年から導入した特別なカテゴリー、「ガレージ56」の枠でルマン24時間に参戦。これは次世代の自動車技術の研究開発を促進するために設けられた、いわば実験車のカテゴリー。日産デルタウイングの戦闘機を思わせる2シーターマシンは、車両重量わずか475kg。日産自動車が開発した直噴1.6リットル直列4気筒ガソリンターボ「DIG-T」は、最大出力300psを引き出す。

ルマン24時間では不運な接触で、リタイアとなった日産デルタウイング。ALMS最終戦に向けて日産は、「我々の挑戦は終わっていない。今度は完走だ」と意気込みを示している。


《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集