【日産 ノート 新型発表】復活した最上級グレード、メダリスト[写真蔵]

自動車 ニューモデル 新型車
日産・ノート メダリスト
  • 日産・ノート メダリスト
  • 日産・ノート メダリスト
  • 日産・ノート メダリスト
  • 日産・ノート メダリスト
  • 日産・ノート メダリスト
  • 日産・ノート メダリスト
  • 日産・ノート メダリスト
  • 日産・ノート メダリスト
日産自動車は7月17日、新型グローバルコンパクトカー『ノート』を発表した。ラインナップの基盤となる新しいベーシックカーとして、低燃費、ストレスフリー、スタイリッシュという要素をてい立させた1台となる。

新型ノートには、現行型1.5リットルエンジンからダウンサイズされた1.2リットルエンジンに副変速機付きエクストロニックCVTが搭載される。さらに、上級グレードに搭載される新開発HR12DDRエンジンには、直噴ミラーサイクル・スーパーチャージャーが採用され、力強い走りと燃費の向上に貢献している。

最上級グレードの「メダリスト」は、かつて同社の上級セダン『ローレル』にも設定された高級グレード。往年のグレードネーム復活に、新型ノートに対する期待の高さがうかがえる。
《瓜生洋明》

編集部おすすめのニュース

特集