ツインターボ搭載、“完璧な”日産 フェアレディZを作る…間もなく完成[動画]

自動車 ニューモデル 新型車
ツインターボ化によって最大出力500ps以上を獲得した日産370Z(フェアレディZ)のシャシーダイナモテスト(動画キャプチャー)
  • ツインターボ化によって最大出力500ps以上を獲得した日産370Z(フェアレディZ)のシャシーダイナモテスト(動画キャプチャー)
日産自動車のスポーツカー、『フェアレディZ』(海外名:『370Z』)。同社の米国法人、北米日産が予告していた「完璧なZ」プロジェクトの第2弾映像が17日、ネット上で公開された。

「プロジェクト370Z」は2012年2月、シカゴモーターショー12で発表。特設Facebookページにおいて、2013年モデルのフェアレディZに複数のカスタマイズプランを提示。その中から、ファン投票で最も人気の高いアイテムを装着したワンオフモデルを製作し、Zファンの集い、「ZデイZ」で披露するというプロジェクトだ。

北米日産は、4月の最初の映像に続いて、完成に向けて順調な仕上がりを見せるプロジェクト370Zの第2弾映像を、ネット上で公開。ツインターボ化によって最大出力500ps以上を発生する同車のシャシーダイナモテストの様子や、19インチサイズの足回り、レカロ製バケットシートなどが採用されることが明らかにされている。


《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集