【シカゴモーターショー12】日産 パスファインダー 次期型、インテリア初公開

自動車 ニューモデル モーターショー
日産パスファインダー コンセプト(シカゴモーターショー12)
  • 日産パスファインダー コンセプト(シカゴモーターショー12)
  • 日産パスファインダー コンセプト(シカゴモーターショー12)
  • 日産パスファインダー コンセプト(シカゴモーターショー12)
  • 日産パスファインダー コンセプト(シカゴモーターショー12)
  • 日産パスファインダー コンセプト(シカゴモーターショー12)
  • 日産パスファインダー コンセプト(シカゴモーターショー12)
日産自動車の米国法人、北米日産は8日、米国で開幕したシカゴモーターショー12に、『パスファインダーコンセプト』を出品した。今回は、インテリアが初公開されている。

同車は、日産の北米市場における主力SUVの1台、『パスファインダー』の次期モデルを示唆したコンセプトカー。初代パスファインダーは、1986年にデビュー。『テラノ』の北米・中東向け仕様が、パスファインダーを名乗った。

1月のデトロイトモーターショー12でベールを脱いだパスファインダーコンセプトだが、北米日産は今回、シカゴモーターショー12において、そのインテリアを初公開。ファミリー層を意識した3列シート、7名乗りの室内が明らかになった。

米国ではミッドサイズに分類されるSUVでありながら、フルサイズ車に匹敵する快適性を追求しているのが、パスファインダーコンセプトの大きな特徴。上質なレザーを使ったシートは、1列目にはヒーター&クーラー機能、2列目にはヒーター機能が装備される。

2列目シートは、クラス最大級のスペースを確保。簡単に折りたためる構造として、3列目シートへのアクセス性を高めている。また、2列目に装備したチャイルドシートはそのままに、3列目シートに乗降できる60対40分割セカンドシートには、「チャイルドシートモード」が備わる。

さらに、「トリゾーン」と名付けたエンターテインメントシステムも用意。ヘッドレストモニターや13スピーカーのBOSE製オーディオなど、後席乗員向けの快適装備を充実させた。

パスファインダーコンセプトは2012年秋、新型パスファインダーとして米国で発売される予定だ。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 【デトロイトモーターショー12】日産 パスファインダー 新型…燃費は25%向上 画像 【デトロイトモーターショー12】日産 パスファインダー 新型…燃費は25%向上
  • BMW、SUVを増産へ…米工場へ追加投資 画像 BMW、SUVを増産へ…米工場へ追加投資
  • 【東京オートサロン12】日産SUVの頂点、パトロール をIMPULがカスタマイズ 画像 【東京オートサロン12】日産SUVの頂点、パトロール をIMPULがカスタマイズ
  • マツダ、クリーンディーゼル搭載の CX-5 生産開始 画像 マツダ、クリーンディーゼル搭載の CX-5 生産開始

特集

おすすめのニュース