レッドブルF1、標高5600m地点を走破…ヒマラヤ[動画]

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

標高5600mというインド北部ヒマラヤ山脈のカルドゥン・ラ峠を走破したF1レッドブルレーシング
  • 標高5600mというインド北部ヒマラヤ山脈のカルドゥン・ラ峠を走破したF1レッドブルレーシング
F1のレッドブルレーシングが、ショーカーで世界最高峰のヒマラヤ山脈を目指した。その映像が、ネット上で公開されている。

今回、レッドブルレーシングがF1マシンで走破しようと狙うのは、インド北部ヒマラヤ山脈のカルドゥン・ラ峠。標高は5600mで、インド政府が世界で最も標高の高い道路と認定している。

ビーチに氷上、荒野と地球上のあらゆる場所を走ってきたレッドブルF1。スイス人ドライバー、ニール・ヤニ選手によるカルドゥン・ラ峠への挑戦の様子は、動画共有サイト経由で見ることができる。


《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集