【トヨタ カムリ 新型発表】高級感と存在感

自動車 ニューモデル 新型車

トヨタ カムリ 新型
  • トヨタ カムリ 新型
  • トヨタ カムリ 新型
  • トヨタ カムリ 新型
  • トヨタ カムリ 新型
  • トヨタ カムリ 新型
  • トヨタ カムリ 新型
  • トヨタ カムリ 新型
  • トヨタ カムリ 新型
トヨタ自動車がフルモデルチェンジして発売を開始した『カムリ』。そのデザインは、セダンならではの高級感と存在感の実現を目指したという。

「フロント部はバンパーとアッパーグリルの造形でハイブリッドらしさを表現するとともに、コーナー部に配置したフォグランプでどっしりとした構えを付与しました」と語るのは製品企画本部主査の米田啓一氏。

サイドでは、「ルーフラインとショルダー部のキャラクターラインをウェッジさせることで躍動感を表現し、トランク部分をカットした切れの良さでクリーンさとダイナミズムを表現しています」。また、「ロッカーモールには印象的な輝きを施すことで、視覚的にも低重心を感じさせました」という。

リアは、ワイド感と安定感を目指したとし、「リアコンビランプと一体となったガーニッシュが横一線に貫くことで、ワイドな印象を与えています。また、バンパーのコーナー部に張り持たせることで、安定した構えを狙っています」という。さらにトランクエンドをスポイラー形状とすることで、シャープなイメージも与えている。

米田氏は「高級感と存在感のあふれる“New ERAセダン(EmotionalでRAtionalなセダンという開発コンセプト)”らしいスタイルに仕上がりました」と自信を見せた。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集