【ジュネーブモーターショー11】三菱の世界戦略車 コンセプト・グローバル・スモール 誕生

自動車 ニューモデル モーターショー
三菱 コンセプト・グローバル・スモール
  • 三菱 コンセプト・グローバル・スモール
  • 三菱 コンセプト・グローバル・スモール
  • 三菱 コンセプト・グローバル・スモール
  • 三菱 コンセプト・グローバル・スモール
  • 三菱 コンセプト・グローバル・スモール
  • 三菱 コンセプト・グローバル・スモール
三菱自動車は3月1日に開幕したジュネーブモーターショーにおいて、世界戦略コンパクトカー『コンセプト・グローバル・スモール』をワールドプレミアした。

コンセプト・グローバル・スモールは、『コルト』の後継車となる同社の新しいグローバルコンパクトカーを示唆したモデル。欧州ではBセグメントに属し、5ドアハッチバックのボディサイズは、全長3740×全幅1680×全高1490mmだ。この小型ボディに、大人5名が乗車できる空間と荷物スペースを備える。

エンジンは、1.0リットル直列3気筒ガソリン「MIVEC」。アイドリングストップやブレーキエネルギー回生システムが付く。トランスミッションは5速MT。タイヤは185/55R16サイズの低転がり抵抗タイプを履く。1.2リットルエンジンも用意された。

コンセプト・グローバル・スモールの市販版は、年内にも正式に発表する。生産は現在建設中のタイ新工場で2012年初頭にスタートし、年間15万〜20万台を生産する。欧州はもちろん、中国、北米、日本、ASEANなど世界各市場へ投入する予定。将来的にはEV版の追加も予定されている。
《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース