ホンダ フィット と フリード、エンジン再始動できない…17万台リコール

自動車 ビジネス 国内マーケット

フィット(2007年)
  • フィット(2007年)
  • フリード
  • 改善箇所
ホンダは17日『フリード』『フィット』2車種のロストモーションスプリングに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、2007年9月7日~2009年11月26日に製作された16万7883台。

可変バルブタイミング機構に用いているロストモーションスプリングのリテーナとロッカーアームのスリッパ部との面圧設定が不適切なため、リテーナの摺動抵抗が高くなり、スプリングが横に動いてスプリングホルダと干渉を繰り返し、折損して異音が発生、折損したスプリングがカムシャフトに噛み込み、エンジンが停止して再始動できなくなるおそれがある。

全車両、ロストモーションスプリングとリテーナを対策品に交換する。

不具合発生件数は72件で、市場からの情報で発見した。事故は起きていない。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集