マツダ、リッター30kmの技術を紹介 3月5日

自動車 ビジネス 国内マーケット

SKYACTIV-G(スカイアクティブジー)エンジン
  • SKYACTIV-G(スカイアクティブジー)エンジン
  • 横浜R&Dセンター
マツダは、3月5日に横浜市にあるマツダR&Dセンター横浜で「マツダ環境技術フォーラム2011」を開催する。

マツダ環境技術フォーラムは、一般消費者にマツダの環境技術を紹介したり、社員と交流してもらうため、2007年から毎年開催している。今年は2月2日から10日まで参加者100人を募集する。

今回は、リッター30kmを掲げる次期『デミオ』に搭載するエンジンに採用するマツダの次世代低燃費技術「SKYACTIV」の理解を深めてもらうため、技術の解説や技術者とディスカッションしてもらう。また、マツダ独自のアイドリングストップ機構「i-stop」を搭載した『プレマシー』の試乗や水素ロータリーエンジン車に同乗走行してもらう。

会場には名車、旧車なども展示する。

参加希望者は専用サイトより申し込む。締め切りは2月10日。
URL
https://ssl.mazda.co.jp/csr/environment/mef201103/
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集