【エコプロダクツ10】三菱ふそうとメルセデスが初の共同出展

自動車 ビジネス 国内マーケット

新型キャンター
  • 新型キャンター
  • 新型キャンター
  • 新型キャンター
  • 新型キャンター
  • 新型キャンター
  • 新型キャンター
  • フォーツー エレクトリック・ドライブ
  • フォーツー エレクトリック・ドライブ
三菱ふそうトラック・バスとメルセデス・ベンツ日本は、12月9日~11日の3日間、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催される環境展示会「エコプロダクツ2010」に共同出展する。

三菱ふそうがダイムラーのエンジンを出展したケースはあるものの、両社が共同でイベントに参加するのは今回が初めて。

ブースでは「環境性能」、「経済性能」、「安全性能+α」をコンセプトに開発した11月にフルモデルチェンジした小型トラック新型『キャンター』を展示して、先進の環境技術をアピールする。新型キャンターはポスト新長期規制に対応、小型トラックとして業界の先陣を切った。

また、10月から実証テストを開始しているマイクロコンパクトカー『スマート電気自動車』を展示し、ダイムラーグループの最新の環境技術や取り組みを紹介する。このスマート電気自動車は、2012年以降に市販する予定で、日本特有の気候や道路条件下で実際の車両を使って様々な走行データを収集・検証する実証テストを10月から開始している。

会場内で実施されるエコカー乗車体験コーナーではキャンター、スマート電気自動車の同乗試乗を行う。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集