テスラ モデル3 用のバッテリーセル…パナソニック【エコプロ2017】

自動車 ビジネス 企業動向
パナソニックのブースに並べられていた同社のクルマ用バッテリー。左端は鉛酸バッテリー。その右隣が18650リチウムイオンバッテリーセルだ。
  • パナソニックのブースに並べられていた同社のクルマ用バッテリー。左端は鉛酸バッテリー。その右隣が18650リチウムイオンバッテリーセルだ。
  • 最新のリチウムイオンバッテリー2170。直径21ミリ、全長70ミリというサイズがネーミング。EV用に特化されている。
  • 今年7月のPVジャパンに展示されたテスラの家庭用蓄電池パワーウォールの見本。日本でのデリバリーが待たれる。
エコプロのパナソニックブースでは、スマートハウスやスマートタウンなど近未来のエコで快適な暮らしづくりを提案。その一角にクルマ用のバッテリーの進化を紹介しているコーナーもあった。と、ここで見慣れないリチウムイオンバッテリーを発見。説明員に聞くと、テスラ・モデル3に搭載されている2170と規格のバッテリーセルだと言う。

「ギガファクトリーでは現在フル稼働で生産しています。もっとも、工場内にはまだスペースの余裕があるので、将来的には生産ラインを増やして、さらに増産できる予定です」。

米国ネバダ州に建設されテスラモーターズとパナソニックが共同経営する、バッテリーの生産工場ギガファクトリーでは、今年1月にテスラの家庭用蓄電池であるパワーウォール用に2170バッテリーの生産を開始。そして6月からはモデル3用にも供給するために増産し、目下フル稼働中なのだとか。

詳しいスペックは教えてもらえなかったが、新しいリチウムイオンバッテリー2170は、従来の18650と比べ容量がおよそ2倍にまで高められているそうだ。そもそも18650はノートPCなどに使うためのバッテリーなのに対し、2170はEV用に最適化されたもの。コストと性能の両方を改善することが期待できる。さらにパナソニックならではの信頼性の高さも見逃せない。

パナソニック製バッテリーの品質の高さは、膨大な量を組み合せてEVを完成させたテスラが証明している。バッテリーの性能にバラつきがあれば、優れたセルの性能も発揮することなどできないのだ。

テスラの優れたバッテリーマネージメントと組み合わされることにより、EVとしての魅力を高めるパナソニックのリチウムイオンバッテリー。これをテスラに独占させておくのは、どうかと思う。日本のEVベンチャーにも広く対応していってくれることも期待したい。
《高根英幸》

編集部おすすめのニュース

特集